お金をかけても無駄だという夫に負けないぞ

40代半ばを超えて、シミが異常に増え紫外線対策をしっかりしておくべきだったと反省する日々です。

今さらながらシミを少しでも薄くしたいという気持ちもあり、化粧水も少し高めのものを購入するようになり、ビタミンCのサプリメントも飲んでいます。
おまけに更年期症状もあり、イライラしたり落ち込んだり、汗がダラダラ出たりするのでホルモンバランスを整える漢方薬を購入しています。

そして、もうひとつの悩みが花粉症。

花粉症で目がかゆくて目薬や花粉アレルギーの薬を購入しています。

化粧水、ビタミン、花粉アレルギーの薬は私にとっては必需品です。
この3つを購入する金額は、結構かかります。

主人には、化粧水が無駄と怒られます。
もっと安い化粧水でいいんじゃないかと言われますが、こればっかりはあきらめられません。

私は化粧水1本で頑張ってるけど世の中の奥さん方は何本も使っている人がいるんだと主人に訴えます。

「化粧水がなければ顔がカッサカサになってしまい、余計にシミが増えるんだ」と言いましたが、たかが水にそんなお金を出すのはおかしいと主人は言います。

たかが水じゃない、美容液だと言い返しますが、「今さらつけても若返るわけじゃないだろう」と言われ泣きそうです。

また更年期のこともいまひとつ理解がなくて、「気分的なもんだろう」といってしんどさを理解してやろうという気持ちはないのです。
「自律神経が乱れてイライラするんだ」といっても信じられないようです。

主人は花粉症ではなく、 花粉症のつらさもわからないらしく、私がくしゃみを連発しても、鼻の穴にティッシュをつめて鼻水を止めていても知らん顔です。
目のかゆみに効く目薬もまるで無駄だと言います。

なんでもかんでも無駄だという夫に腹が立ちます。
なんと言われても、化粧水、ビタミン、花粉症の薬は購入するぞとこころの中で叫んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です